コラム|JR近江八幡駅で歯科をお探しの方は【はちまん駅前歯科】まで

診療時間
9:00~13:00
15:00~19:00

休診日:火曜日
※火曜が祝日の場合は翌日水曜が休診
▲:土曜午後は14:00~18:00
★:日曜・祝日午後は14:00~17:00
最終受付は終了30分前まで

歯科医師および歯科衛生士の方で、
当院にて勤務希望の方お電話お待ちしております。

tel0748-31-3677

  • 地図
  • メニュー

子どものむし歯、放置は絶対NG!永久歯にも悪影響が出る?

みなさま、こんにちは。

JR近江八幡駅北口すぐの「はちまん駅前歯科」の山田です。

 

親御さんにとって、子どものむし歯というのはとても悩ましいものですよね。

 

子どもの歯である乳歯はいずれ大人の歯に生え変わりますし、その都度、歯医者さんに通って治療するのも面倒に感じるかもしれません。

 

けれども、それはとても危険なことなのでご注意ください。

 

今回はそんな子どものむし歯を放置することのデメリットやリスクについてわかりやすく解説します。

 

子どものむし歯の特徴

子どものむし歯は、大人のむし歯と異なる点がいくつかあります。

 

◎子どもはむし歯になりやすい

 

そもそも子どもはむし歯になりやすいです。これは子どもの歯が大人の歯よりも未成熟だからです。

 

エナメル質が軟らかく、酸に対する抵抗力も低いことから、お口のケアが不十分だとあっという間にむし歯になってしまいます。

 

◎子どものむし歯は進行が早い

 

子どものむし歯は進行が早い点も大きな特徴のひとつといえます。

 

子どもの歯は軟らかい上に、厚みが大人の歯の半分しかないため、一度むし歯にかかってしまうとどんどん進行します。

 

その結果、強い痛みを伴う歯髄炎(しずいえん)などを引き起こすのです。

 

子どものむし歯を放置するリスク

◎永久歯がむし歯になる

 

永久歯は、乳歯のすぐ下に控えています。

 

乳歯のむし歯を放置して重症化させると、すぐ下の永久歯にまでむし歯菌がうつって感染が広がることがあります。

 

生えてすぐ、もしくは生える前から永久歯がむし歯になることほど、残念なことはありませんよね。

 

◎永久歯が生えてこなくなる

 

子どものむし歯を放置すると、永久歯が生えてこなくなることがあります。

 

これは乳歯がむし歯で早期に抜け落ちた場合です。

 

永久歯が正常に生えてくるためには、乳歯からの信号を適切な時期に受け取る必要があります。

 

乳歯が早期に脱落してしまうとその信号が送られなくなり、いつまで経っても永久歯が生えてこない、というトラブルを招いてしまいます。

 

子どものむし歯は予防!早期発見・早期治療!

子どものむし歯を放置することにメリットは一切ありません。

 

それどころか、乳歯列だけでなく、永久歯列にまで深刻な悪影響が及ぶため、できるだけ予防しましょう。

 

仮にむし歯になってしまったとしても、早期に治療を受けるようにしてください。

 

まとめ

このように、子どものむし歯を放置することは絶対にNGです。

 

少しでも“むし歯かな?”と思うような症状が認められたら、すぐ当院までお越しください。